我孫子市(常磐線 天王台・成田線 東我孫子)の Haanas Counseling Room

 千葉県我孫子市天王台2丁目11−27−203
 JR常磐線 天王台駅/JR成田線 東我孫子駅
 営業時間:10:00〜19:00  定休日:金曜日
私たちは誰もが自分自身を癒す力を持っています。 あなたらしく、幸せに生きていく力を取り戻しましょう。 臨床心理士 / 公認心理師 沼尻とも子

メンタルヘルス領域のカウンセリング

メンタルヘルス領域のカウンセリング(思春期の悩み、働く女性の悩み)

困っていることはどのようなことなのか、もう少し気持ちが楽に生活できるようになるにはどうしていきたいと思っていらっしゃるのかをお伺いします。自分の気持ちや考えを相手にどのように伝えるのか、相手の立場になった時に、これまでの自分の言い方・話し方がどのような印象を与えてしまうのかなど、ロールプレイを通して役割を交代し、普段のご自身のコミュニケーションパターンに気がつき、より良い他者との関わり方を練習することもあります。ストレス対処方法を見つけていくこともあります。

ご自身のコミュニケーションのパターンは育った過程で形成されます。親がどのような言葉や態度でお互いにコミュニケーションをとってきたか、親子間、兄弟姉妹間のやり取りも影響を与えます。また、育った環境やコミュニティからの影響も受けるでしょう。

なんだか生きづらい、他者とうまく関わりが持てないと言う場合は、発達の過程におけるトラウマ、外科的手術、ケガ、病気、恐怖を伴う体験などのトラウマから回復していないことが影響している可能性もあります。そのような場合は身体に働きかけて、トラウマからの回復を目指すことをお手伝いさせていただきます。

海外・日本の複数の職場での社会人経験から働く女性としての悩み、職場の人間関係の悩みも経験してきました。クライアントさん達からも職場での人間関係、ご家族のこと、ご自身の体調、将来についてなど様々なお悩みを伺ってまいりました。また、スクールカウンセラーなど子ども達と関わる仕事から、思春期のお子さんを持つ保護者の方々、小学生から高校生までのお子さん達の様々な悩みを伺ってまいりました。

働く女性の方、パートナーとの関係でお悩みの方、思春期のお子さんとどう関わったら良いかお悩みのお母さん、お父さん、思春期の様々な悩みに向き合っている思春期のみなさん、人と関わることがもっと楽になれるようお手伝いさせていただきます。是非、ご相談ください。

現在、心療内科・精神科に通院されている方、受診しようかどうか迷われている方にもお越しいただいております。

認知行動療法

ご自身の考え方のクセ(認知)に注目して、自分に優しくなれるような考え方や行動ができるよう練習していきます。クライアントさん1人で練習するのが難しいこともありますので、最初のうちはカウンセラーと一緒に取り組みます。カウンセリングの主体はあくまでもクライアントさんですので、最終的にはクライアントさんご自身で自分の考え方を見つめたり、行動を変化させていけることを目指します。

少し離れたところから自分のことを見ることができるようになり、考え方が修正できるようになると、今までとは違った行動ができるようになり、気持ちの切り替えがうまくできるようになり、ストレスに対処する力がつきます。

例えば、「~すべきだ」、「~するのが当然だ」、「~しなければならない」などの考え方が強い方は家事や仕事を一生懸命頑張っている方、自分にも相手にも完璧を求める方かもしれません。この考え方は悪いことでありませんし、上手くいっている場合は良いのですが、うまくいかなかった場合、落ち込みが激しかったり、自分や相手を責めたり、イライラする事が多かったり、体調にも影響が出てきたりと日常生活に支障が出ることがあるかもしれません。

もし、「~すべきだ」を「~してくれたら嬉しいな」と考えたり、失敗した場合は自分に対しても相手に対しても「失敗することは誰にでもあるよ」、「できなくても仕方がないさ」とか「ま、いっか」と考える事が出来れば、落ち込む気持ちが和らいだり、イライラすることが減ったり、自分に対しても優しくなり、人づきあいも楽にできるようになっていけるでしょう。

精神力動的心理療法

同じような場面でいつも同じことをしてしまい、つらかったり、苦しかったり、不安になったり、腹が立ったり、後悔したりすることはありませんか。わかっていながらも無理をし過ぎてしまったり、同じようなタイプの人に振り回されたり、苦手だとわかっていながらも近づいて、嫌な思いをして落ち込んでしまったり。そういった結果、お腹が痛くなったり、吐き気をもよおしたり、動悸がしたり、頭痛が長引いてしまったりなどの症状がからだに出ることがあるかもしれません。

精神力動的心理療法は対話を通じて、自分自身が何を感じているのか、どのような気持ちだったのか、どんなことを考えてそのような行動をとるのかをカウンセラーと一緒にみていきます。自分の家族のこと、生い立ち、育った環境などを振り返ることもあり、時にはつらくなってしまうことがあるかもしれませんが、自分を知ること、理解することで、本当はどうしたかったのか、これからはどうしていきたいのかに気が付くことも多くあります。

クライアントさん自身が自分の不安、悲しみ、苦しさや心配事を持ちながらも、自分らしく日常生活や人生を楽しめるようになることを目指します。

家族療法

家族療法とは家族全体をシステムとしてみます。家族それぞれのメンバーができることをしていき、家族で問題を対処できる力が発揮できるようになることを目指します。

例えば、家族の中で何か問題が起きた時に、家族で困っていること・不安なことをメンバーの誰かが背負って、問題行動や症状として現れることがあります。家族療法の視点ではその誰かを悪者にするのではなく、メンバーがそれぞれできることを探し、1人1人の役割をしていく力を発揮し、家族全体がシステムとして機能し問題を解決できるよう支援していきます。